×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホワイトデーとはどんな日

ホワイトデーはバレンタインデーのチョコレートをもらったお返しに、様々なお菓子などのプレゼントを女性にプレゼントする日です。ホワイトデーは日本で生まれた習慣ですが、今では台湾や韓国にまで広まっています。
ホワイトデーの始まりは、昭和50年代に入ってからで、菓子メーカーがバレンタインチョコのお返しにクッキーなどをプレゼントすることを宣伝販売したのがきっかけです。そして、「ホワイトデー」と名づけられました。
ホワイトデーの別の説では1977年に白いマシュマロをバレンタインデーのお返しとして福岡市の老舗菓子屋の「石村萬盛堂」が売り出したことが上記の説より先行しているというものもあります。
全国飴菓子工業共同組合によると、ホワイトデーの3月14日は、269年2月14日、兵士達の自由な結婚の禁止策があったにもかかわらず結婚しようとした男女のために殉教したヴァレンティヌス司祭にちなんでバレンタインデーとされたその月から1ヵ月後にその男女があらためて愛を誓い合った日とされていることに由来してホワイトデーと定めたとされています。
現代のホワイトデーはお菓子のみならずそれよりももっと高価な服飾品などもバレンタインデーのお返しのプレゼントの定番になっているようですが、ホワイトデーは日本が発祥の地と言う事もあり、ある程度定着はしている行事なのではと思います。

ホワイトデーの喜ばれるプレゼント

ホワイトデーのお返しと言えば定番のお菓子もいくつか思いつきますが、「バレンタインデーの3倍返し」ともよく言われるのがホワイトデーだそうですので、お返しの内容も単純にはいかないのかもしれません。
ここで2007年に行われたあるアンケートを見てみたいと思います。
内容は「ホワイトデーに欲しいプレゼント」のベスト5です。
このランキングは夫婦限定なようですが、ホワイトデーのひとつの参考にはなるのではと思います。
まず5位はショール、マフラーなどの服飾品だそうです。
しかしこのショールやマフラーなどは好みもあるので選ぶのが難しい場合もあるとされています。
第4位は財布などのレザーの小物だそうです。
これはバレンタインデーのプレゼントとしても人気が高いそうですがやはり女性にも人気なようです。
そして第3位は贈り物の定番ともいえるバッグだそうです。
バッグといっても色々なので贈る相手の好みも知っておくとよいのではとされています。
そして第2位にはスイーツがランクインしています。
意外な事にアンケート結果から、彼の手作りスイーツをもらったことがある人が多数居たことも分かっています。
その他は有名店のスイーツやこれもやはり贈る相手の好みにも左右されそうです。
そして最後にランキング1位はアクセサリーだそうです。
アクセサリーも好みの分かれる物なため、夫婦の間などでは事前に相談したりするのも良いかもしれないそうです。
今回は夫婦間のホワイトデーについてのランキングでしたが、結婚していない女性でも欲しいアイテムはだいたい似通ったものになるのではと思います。
第2位がスイーツだった所が少し微笑ましい感じなのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーではなくてブラックデーとは
----------------------------------------------------------------------------------
3月14日は日本ではホワイトデーが行われていますが、ホワイトデー習慣は韓国や台湾にも広まった事が分かっています。
2月14日に贈り物を貰った人などにはホワイトデーは楽しい日かもしれませんが、そうではない人にはあまり関心の無い日でもあるかもしれません。
韓国のホワイトデーはバレンタインデーと供に日本より盛んなものでもあるようですが、韓国にはバレンタインデーに関連した独自の習慣が生まれた事が分かっています。
2月14日を1ヶ月過ぎるとホワイトデーですが、そのまた1ヶ月後の4月14日、韓国では「ブラックデー」がやってくるそうです。
この日はバレンタインデーやホワイトデーに贈り物を受け取れず、恋人も出来なかった者同士が黒い服を着て集合して、チャジャン麺という黒いあんかけをかけた韓国麺料理やブラックコーヒーを食べたり飲んだりする日だそうです。
ホワイトデーは日本で生まれた日ですが、その影響をうけた韓国ではホワイトデーにさらに付加的な習慣が生まれたようです。
韓国ドラマなどで「チャジャン麺を今年も食べる事になりそう・・・」などの台詞があると、恋人が今年もできそうにないという意味にとれるそうです。
一見後ろ向きの習慣にも思えますが、ブラックデーの習慣は自分から恋人がいない事を宣言しているという事になるので、その様な人たちがこの日を機会に交際を始めるという事も多いようです。
今回は韓国のブラックデーに関してでしたが、その他にも韓国には各月14日に「ロースデー」、「イエローデー」また「キスデー」などがあるそうです。
日本ではバレンタインデーから派生したポピュラーな記念日といえばホワイトデーくらいですが、韓国では日本より恋愛に関する記念日が多い事からも韓国の日本とは違う点が見えてくると思います。
----------------------------------------------------------------------------------
韓国のホワイトデー事情
----------------------------------------------------------------------------------
2月14日といえばバレンタインデーで、チョコを沢山もらえる男性などにとっては嬉しい日なのではと思いますが、その1ヶ月後にはチョコレートなどのお返しをするホワイトデーがやってきます。
このホワイトデーは日本でキャンディの日やマシュマロの日として始まったものです。
そこでホワイトデーは日本だけでの習慣なのかというと、韓国や台湾にも広まっているそうです。
しかし欧米にはホワイトデーはみられません。
そこで今回は韓国のホワイトデーを見て行きたいと思います。
まず韓国のバレンタインデーというと大きなバスケットに溢れるほどのチョコレートを贈る習慣があるようです。
それも驚きなのですが、ホワイトデーも日本とは一味違った習慣もあるようです。
韓国でのホワイトデーは日本以上に熱いものでもあるようです。
若い人たちがホワイトデーには、お祭り騒ぎをするくらいだそうです。
そして日本のホワイトデーとはは少し違う点では、このは日バレンタインデーのお返しとは関係なく、自分から女性に告白する男性も多いようです。
義理チョコの様なお菓子も贈る事があるようですが、それはほんの一部の人だけのみだそうです。
そしてバレンタインデーと同じくホワイトデーには巨大なバスケットにキャンディ、マシュマロなどを詰めてプレゼントするという場合も多いようです。
ホワイトデーにはいつも女性でにぎわうショップなどに男性が沢山になる光景も見られるようです。
女の子の街とも言われる梨大(イデ)にもホワイトデーには同じ様な光景が見られるそうです。
バスケットの値段は1つで安くて約3000円からで、中身の値段と合計すると約1万円を越す事もあり韓国の物価からすると決して安くはないようです。
しかしこれは本命の相手だけに贈られる事が多いようです。
韓国のホワイトデー、バレンタインデーと供に日本よりも盛んに行われているのかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーの花
----------------------------------------------------------------------------------
プレゼントの定番といえば何があるでしょうか。
プレゼントといっても色々ですが、その中のひとつに「花」があるのではと思います。
それでは今回はホワイトデーの花について見て行きたいと思います。
バレンタインデーに女性からチョコレートという形で告白を受けており、そのお返しをする日がホワイトデーというわけですから、その気持ちに答える誠意を持つのがホワイトデーの基本といえます。
ホワイトデーのプレゼントに先立ってまず態度で自分の思いを示す事が大事なのかもしれません。
そんな意味からも、物を言わずとも自分の気持ちを表せそうなのが花であるとも言えます。
ホワイトデーに花を贈る場合、相手の好きな花が分かっていればそれが一番だと思いますが、好みのわかっていない場合は、ホワイトデーに決まった花は無いそうですが、やはり白色はポイントになるようです。
また愛を表現する薔薇はバレンタインデーと同じく自分の強い気持ちを表せるようです。
その他に花言葉に注目すると、チューリップ、カーネーション、スイートピー、ユリなどを組み合わせるのもお勧めだそうです。
また花屋さんにお任せする場合には、相手が日頃から好んでいる服装の色、ファッションなどを花屋さんに伝えておくと、花束なども相手の満足する物になりやすいそうです。
お任せにする場合以外に、すでにカップルである相手に花を贈る場合などには、二人で行った思い出の場所の花を贈るなども良い方法なようです。
そして自宅などに花を送る場合は、飾っておきやすいバスケットのアレンジなども良いそうです。
お菓子がセットになっているものなども豊富にあるようなので、事前に色々調べてみるのも良いそうです。
最後に、自分自身の手で花束を渡す場合お勧めされているのが、一種類の花のみの花束だそうです。
その様な花束には特徴のあるインパクトがあり無骨な感じも男性らしさもあり良いのではとされています。
ホワイトデーの贈り物の候補に花を入れてみるのも良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ティファニー
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーというとバレンタインデーのチョコのお返しをプレゼントする日とされていますが、ホワイトデーにもやはり定番のお菓子がいくつかあるようですが、お菓子にプラスして何かを返す場合が多いようです。
そのプラスαの中のひとつにやはり女性への贈り物ということでアクセサリーがあります。
今回は、とても有名なブランドですが、アクセサリーについてティファニーを見て行きたいと思います。
ティファニーのサイトを覗いてみると女性へのギフトという事でジュエリー、アクセサリー、ホームなどを見ることができます。
ジュエリーはダイヤモンドバイザヤードペンダントで149100円、ピアスが105000円、ビクトリアロングドロップペンダントが372750円、エルサ・ペレッティオープンハートラリアットが40425円、アクセサリーではティファニー1837モバイルフォンチャームが15225円、2ハートキーリングが19950円、エルサ・ペレッティボールペンが19950円などが揃えられています。
ホームではティファニールミナスワイングラスが2310円×2から購入でき、直径23cmのロックカットボウルが12075円です。
1セット2個入りのティファニーブーケカップ&ソーサーは1個2835円だそうです。
女性へのギフト専用の商品も揃えられていますが、それ以外の通常の商品も豊富ですので、ホワイトデーなど、相手の好みのアクセサリーなどが見つけられそうです。
男性用の商品も用意されているそうですので、カップルで購入しに行くのにもピッタリなお店なのだと思います。
ホワイトデーのプレゼントの候補に是非ティファニーを入れてみると良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーに義理チョコのお返し
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーというと、女性は倍返しを期待している、女性一同からのチョコでもお返しは個人個人になどという期待をしているなどと予想している男性もいるかもしれませんが、義理チョコと同等くらいの金額で買える物となるとホワイトデーのお返しの品も幅が狭くなってきます。
お返しをしない人々を除いた約82%、女性の中でお返しを貰わなくてもよいという人々を除いた約85%のホワイトデーのお返しに望む物、贈った事のある物はやはり食べ物なようです。
その中でも男性、女性ともに最も多かったのがクッキーでした。
男性が贈った事のあるお菓子の第2位キャンディは女性には実は人気があまり無いと言う事も分かっています。
アンケートの結果からは女性のうち5人に2人が義理チョコのお返しはいらないと答えていることも分かっています。
そして約44%がお返しの希望金額は1000円以下であるとしています。
女性が義理チョコのお返しに望む物は、貰わなくて良いという人も多数居るのですが、それを除くと、最も多いのがクッキー、食べ物ではチョコレート、キャンディ、その他の食べ物、品物では花、アクセサリー、洋服、チケットなどがあり、外出では食事、旅行、ドライブ、テーマパーク、コンサートなどがあるようです。
逆に男性が実際にした義理チョコのお返しでも最も多いのがクッキー、キャンディ、チョコレート、その他の食べ物、品物、外出供にだいたい女性が望む物と同じ様な結果となっています。
お返しをしないという男性も多く居る事も分かっています。
女性は義理チョコのお返しを1度貰うと、次の年も期待しがち、お返しが無い場合はそれもしっかり覚えていてその相手には期待しないという傾向にあるようです。
義理チョコも日本のバレンタインデーではとてもポピュラーな物ですが、そのお返しにも定番の物も揃っているようです。
----------------------------------------------------------------------------------
マシュマロの作り方
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーの定番のお菓子と言うと、クッキー、キャンディ、ホワイトチョコなどがあるのではと思います。
そしてその他に代表的なのがマシュマロとされています。
ふわふわとした食感が特徴で懐かしい味もするマシュマロだと思いますが、市販のマシュマロは香料が少しきついという特徴もあるようです。
そんなことからも手作りのマシュマロ、プレゼントにぜひ挑戦してみるのはいかがでしょうか。
手作りにすると、風味を好みに調整したり、甘さを調整したりもできます。
そして形も型で抜いたり、サイコロ状にしたりと色々と工夫が出来ます。
マシュマロの作り方ですが、材料は18×25cmの深さ2cmのバット1枚分で、グラニュー糖150g、水あめ20g、水60cc、卵白70g、板ゼラチン15g、コンスターチ30g、粉砂糖30g、バニラエッセンスかミントオイル、バラ水、アニス、レモン汁、オレンジの花水、などを入れる、となっています。
まずグラニュー糖にへこみを作り、水あめを入れて計量します。
そして5分ほど板ゼラチンを水にふやかしておきます。
18×25cmのバット底にクッキングシートを敷きコンスターチと粉糖を合わせた物を振るっておきます。
ボウルに卵白を入れ、ミキサーでメレンゲ状にします。
そして鍋にはグラニュー糖と水あめ、水を加えて120度まで加熱します。
そしてボウルのメレンゲに鍋の液を少しずつ加えながら泡立てます。
メレンゲが冷めないうちに、ふやかしておいた板ゼラチンを水気を切って加えて混ぜます。
メレンゲが冷めてしまった時は、耐熱容器に板ゼラチンを入れて電子レンジで20秒熱して溶けた物を加えます。
そして好みの香料を味を確かめながら加えます。
用意しておいたバットに流し、1〜2時間冷蔵庫で冷やします。
冷やし終わったらコンスターチと粉糖を混ぜた物をつけながら好みの形に型で抜いていきます。
包丁で細長くして結ったり、サイコロ状にカットしてもよいそうです。
最後にブラシなどで余分な粉を払い出来上がりです。
出来上がりは乾燥すると硬く、風味が失われやすいので密封容器で保存するのが良いようです。
そのまま食べるのも良いし、ココアやコーヒーなどに浮かべて食べるのもよいそうです。
海外ではマシュマロを串焼きにして食べる事もあるようです。
ホワイトデーの定番のお菓子、マシュマロ、今年は手作りに挑戦してみるというのも良いかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
ディズニーシー
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーやホワイトデーの季節、カップルなどで外出する機会も増えてくるのではと思いますが、このようなシーンで外出する場合定番なのがやはりテーマパークなのではと思います。
テーマパークといえば東京ディズニーランドが思い浮かびますが、今回は東京ディズニーシーについて紹介したいと思います。
東京ディズニーシーでは過去にバレンタインデーからホワイトデーのシーズンなどに恋人たちのためのセレモニーやミッキーやミニーたちによるこのシーズンだけのパレードなどが行われたそうです。
また、雰囲気のあるフォトロケーションや、建物など、そこに居るだけでもテンションが上がりそうです。
そんな場所でもっと相手との距離を縮めてくれそうなのが、「ふたりの恋プラン」というモバイル限定のプランだそうです。
これは過去に行われたプランだそうですが、今年も何らかのイベントが行われるのではと思います。
モバイルスペシャルサイトを見て、そこでカップルで登録などをして周るコースなどが決定します。
決められたコースを周りながら決められた指令などをクリアしていく内容だそうです。
最後にはカップル証明書がプレゼントされたりするそうです。
バレンタインデー、ホワイトデーはもちろん、その時期を少し逃してしまっても、恋人同士にもぴったりなイベントなどが随時行われていそうなので、ホワイトデーの外出先などに東京ディズニーシーも候補に入れておいても良いかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのランキング
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーというとバレンタインデーのお返しを男性から女性に贈る日とされていますが、そのホワイトデーに関するランキングを今回は見て行きたいと思います。
ホワイトデーもバレンタインデーと同じく定番のプレゼントといえばお菓子類だと思うのですが、それにプラスしてその他のプレゼントを贈る場合も多いのではと思います。
そこで今回はホワイトデーにもらったお菓子以外のプレゼントで嬉しかった物、困った物のランキングを見て行きたいと思います。
まず貰って嬉しかった物は、1位がネックレス、2位指輪、3位ハンカチ、4位花束、5位ぬいぐるみ、6位ピアス、7位手紙、8位CD、9位時計、10位バッグとなっているようです。
続いて貰って困った物の1位は下着、2位はぬいぐるみ、3位は服、4位はハンカチ、5位は花束、6位は手紙、7位はネックレス、8位はバッグ、9位は香水、10位は置物となっています。
ネックレスや指輪、ピアスなどのいつでも身に付けられる物は特に嬉しいと感じる女性が多いようです。
貰って困る物の1位は下着ですが、やはり女性側の気持ちをよく考えるとあまり嬉しいと思わない人の方が多いのではと思います。
ランキングを見てみると、貰って嬉しい物と困る物にいくつも同じ物がランクインしているので、結局のところは相手の好みなどを良く知っておく事が大切ともいえそうです。
一緒にプレゼントを選びに行くことができたりすると良いかもしれないとも思います。
バレンタインのお返しで嬉しい言葉としては、1位ありがとう、2位これからもよろしく、3位好きだよ、4位(チョコ)美味しかったよ、5位これからもずっと一緒にいようね、などがあるそうです。
ホワイトデーもバレンタインデーと同じくある程度相手の好みなども考慮してプレゼント選びなどを行うのが無難ではあるようです。
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーランキング
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーの生まれたきっかけでもあるのが2月14日のバレンタインデーですが、そのバレンタインデー日本では女性から男性にチョコを贈る日として有名ですが、バレンタインデー、チョコにプラスして他にも贈り物をする場合も多いと思います。
そこで今回はバレンタインデーのチョコ以外の贈り物で嬉しかった物、もらって困った物のランキングを見て行きたいと思います。
まず、嬉しかった物はというと、1位手紙、2位マフラー、3位アクセサリー、4位洋服、5位時計となっています。
どんなプレゼントより気持ちのこもった手紙が嬉しい、チョコよりも心にも残るものなので、などの意見もあり、普段から身に付ける物も人気なようです。
そして逆に貰って困った物の第1位は手編みのマフラー、2位ぬいぐるみ、3位アクセサリー、4位洋服、5位お酒と続くようです。
ちょっと重い感じがする、好きな人からの物でないと使えないなどの意見が手編みのマフラーに対してはあるようです。
アクセサリーや洋服も好みが分かれるものなので貰って嬉しい物にも困る物にもランクインしたようです。
ここまでバレンタインデーのランキングを見てきましたが、その1ヶ月後のホワイトデーも、この日は男性から女性に贈り物をする日ですが、プレゼントに貰って嬉しい物や困るものなどには男女供に共通する点も多そうです。
例えば手作りの物というのは男女供に重く感じる場合も多いかもしれないとも思います。
バレンタインデーもホワイトデーも相手の好みや気持ちを考えてプレゼント選びなどができるとよいと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデー
----------------------------------------------------------------------------------
3月14日はホワイトデーですが、それに先立って行われるのがバレンタインデーです。
バレンタインデーがなければホワイトデーも無かったわけですが、そのバレンタインデートはどの様な日なのでしょうか。
バレンタインデーとは2月14日に行われる、世界各国での男女が愛を誓い合う日とされています。
もともとは、269年にローマ皇帝の迫害の下で殉教した聖ウァレンティヌスに由来する記念日とされています。
欧米では、男性も女性も、花、ケーキ、カードなどの贈り物を恋人に贈る事のある日とされています。
日本ではポピュラーなチョコレートを贈る習慣は19世紀のイギリスのキャドバリー社のキャンペーンによって始まったようです。
女性から男性にチョコレートを贈るという点は日本独自のバレンタインデーなようで、1936年に神戸モロゾフ洋菓子店や、1958年に伊勢丹などが始めた習慣とされています。
現在では年間に消費されるチョコレートの4分の1がバレンタインデーに消費されるといわれるほどの行事になっているようです。
まだまだバレンタインデーの影にかくれている様な印象もあるホワイトデーですが、ホワイトデーもバレンタインデーが年を経るごとに定着していったようにもっと国民的な行事として定着する日も近いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
パイの日キャンペーン
----------------------------------------------------------------------------------
3月14日と聞くと、ホワイトデーかなという感じですが、3月14日はまた円周率のπの日でもあるようです。
この「パイの日」にちなんで、ホワイトデーにはパイをバレンタインデーのお返しに贈りましょうというキャンペーンが日本パイ協会によって行われているそうです。
「パイの日」のキャッチフレーズとしては、3.141592と無限に続く円周率の数字になぞらえて「エンドレスラブ」とか、不思議でどこまでも割りきれない数字で無理数なため「男の割り切れない気持ち」というものなどがあるようです。
バレンタインのシンボルのお菓子はチョコレートとはっきりと決まっていますが、ホワイトデーのお菓子といっても色々と思い浮かぶのではと思います。
3月14日の日付をπになぞらえて、ホワイトデーの代表商品をパイにしようと、関西の個性的な洋菓子カフェやレストランやビストロがそれぞれユニークな発想と優れた腕で美味しいパイを創作して共演をするのがパイの日キャンペーンなようです。
パイといっても、キッシュやリーフパイのような日常的なお菓子から、高級レストランの包み焼きや豪華なナポレオンパイなどまであります。
パイはある意味、日本で言うおにぎりのようなものであるそうですので、パイの美味しいお店は腕の良いお店である、という事が定着する事も願ってこのキャンペーンは行われるようです。
キャンペーンに参加しているお店から選ぶのも良いし、パイの美味しいお店は数多くありそうですので、ホワイトデーのお菓子にパイを選択するというのも少し違った演出もできそうで良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトチョコレート
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのお返しというと定番はやはりお菓子類なのではと思いますが、定番といっても人それぞれ思い浮かぶ物もあるのではと思います。
実際のアンケートなどでは、上位にクッキー、キャンディなどが入っていますが、チョコレートも含まれているようです。
そこで、今回ホワイトデーのお返しとして注目したいのはチョコレートなのですが、ホワイトデーらしいとも言えるチョコレートにホワイトチョコレートがあるのではと思います。
ホワイトチョコレートは、ココアバターに脱脂粉乳や砂糖などを混ぜ合わせて作られたチョコレートの事を言いますが、一部ではホワイトチョコレートはチョコレートでは無いとする人も居て、チョコレートと区別されることもあります。
カカオマスに含まれる油分を主体にするためココアバターから苦味の素であるチョコレート色の部分を取り除いて作られている為、ホワイトチョコレートの味は普通のチョコレートと比べてかなり甘さが目立ち、ミルキーです。
女性の中でも甘い物が好きな人にはピッタリのお菓子なのではと思います。
一般的に普通のチョコレートで作られるケーキ類やクッキー類などのお菓子も、チョコレートをホワイトチョコレートに置き換えて作ってみると意外な美味しさもありやはりホワイトデーのお返しにもピッタリかもしれません。
日本の企業では初めてホワイトチョコレートを製造した六花亭などが有名です。
白い恋人などは色々な意味で有名ですが、美味しいホワイトチョコレートのお菓子のひとつとされます。
また輸入食品のお店などや洋菓子専門店、チョコレート専門店のホワイトチョコレートも見た目も良くてホワイトデーにぴったりかもしれません。
生活スタイルにもよりますが、チョコレート、チョコレートに限らずたいていのお菓子は小分けになっている物や一口サイズの物などが、沢山入っている物よりも、女性には嬉しいサイズな場合も多いのではと思います。
甘い物が特に好きな女性などにはホワイトデーのプレゼントにホワイトチョコレートもピッタリなのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
キャンディデー
----------------------------------------------------------------------------------
3月14日、ホワイトデーはマシュマロを贈り物とするマシュマロデーとして始まったとも、キャンディを贈り物として贈る日として始まったともされています。
キャンディをバレンタインデーのお返しにする「キャンディのための日」などとまで言われているものも目にします。
今回はそのキャンディの方に注目してみたいと思います。
ホワイトデーが公式に誕生したのは1978年だそうですが、キャンディの販売の促進を目的にキャンディをバレンタインデーのお返しに贈ろうと呼びかける日ともなりました。
キャンディの需要を拡大する為のキャンペーンのような役割から生まれたホワイトデーですが、なぜキャンディデーとならなかったというと、「ホワイト」には「シュガー」や「スイート」という意味もある事からだそうです。
キャンディの主原料は砂糖ですので、ホワイト=キャンディとなるのも納得できる事ともいえます。
贈り物を恋人同士がしあう「フラワーデー」や「ポピーデー」などの日が欧米にはあるそうですが、キャンディなどを贈るのは日本が発祥で、日本人に昔から馴染みのあった飴だからこそ持つ良さもホワイトデーに活かせればいいのではと思います。
キャンディとはアメリカ英語でイギリスではスイーツというのが一般的ですが、これは主原料に砂糖や水飴を用いて、副原料にはクリーム、バター、チョコレート、香料などが用いられます。
語源はアラビア語ともラテン語ともインドの古い言葉とも言われています。
キャンディとひとことで言ってもその種類にはドロップ、タフィ、バタースコッチ、ソフトタイプではキャラメル、ヌガーなどがあります。
日本で一般的にキャンディというとドロップタイプなどの事を言うのでしょうか。
ヌガーなどは副原料にメレンゲが使われており、コーヒーなどに良く合うタイプのキャンディだそうです。
キャンディ、現在では外国製のお洒落な物なども手に入りやすいですので、ホワイトデーの贈り物などには最適なのではと思います。

ホワイトデーのお返しはマシュマロ

ホワイトデーの仕掛け人とされるのはキャンディー業界ともマシュマロ業界ともいわれていますが、今回はマシュマロの方に注目してみたいと思います。
マシュマロをホワイトデーの始まりのお菓子とするのは石村萬盛堂ですが、マシュマロをバレンタインデーのお返しのお菓子としたのは、石村萬盛堂の社長が何気なく目にした雑誌の読者の疑問からだったそうです。
当初はマシュマロデーと呼ばれていた3月14日でしたが、バレンタインデーのお返しに欲しい物の上位に入っていたマシュマロが白い色をしていることから「ホワイトデー」となったようです。
石村萬盛堂のお菓子の中にマシュマロでできたものが偶然あったために、その中にチョコレートを入れ、バレンタインデーのお返しのお菓子として定着させようとマシュマロデーが考案されました。
ところで「マシュマロ」とはもともと古代エジプトの頃からあったウスベニタチアオイという植物の粘液で作られたお菓子の事で、神々や王族のみが食べられる物でした。
近代的なマシュマロはというと19世紀前半頃からフランスとドイツで発展したとされています。
このころ現在のような軽くふわりとした一口サイズのマシュマロが誕生したそうです。
そして同世紀の後半以降、ゼラチン、卵白がマシュマロの樹液の代用となり、現在では原産のヨーロッパよりもアメリカ合衆国で、焼くなどしてよく食べられるようです。
歴史も古いお菓子ですので、マシュマロをホワイトデーのお返しにするのも良い事なのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ロクシタン
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのお返しと言うと、まずお菓子類が思い浮かびそうですが、特に本命の相手への贈り物の場合などはお菓子にプラスして何かを贈るのも良い事だと思います。
そこで今回はたいていの女性なら知っているのではと思う、ロクシタンというブランドを紹介したいと思います。
ロクシタンとは、フランスのプロバンス生まれの自然な化粧品ブランドのことですが、まずお勧めなのが、イモーテルエッセンシャルフェイスウォーターとシアバターがあります。
このふたつがお勧めの理由は、男女共に使える製品だということです。
イモーテルとは黄色い花のハーブ成分が保湿などの役割をしてアンチエイジング効果の期待出来るもので、女性は化粧水、男性は髭剃り後などに使用できます。
そして、次はロクシタンの代表ともいえるシアバターでこれは、乾燥の気になる所なら体のどこにでも使用できる保湿効果のあるアイテムで、顔、体、髪の毛、爪などに使用でき、これもカップルなどなら2人で使用する事ができます。
またペアで使えるアイテムでは無いと思いますが、お勧めなのがフレグランスで、自然な香りを好む女性などにはとても適したアイテムが揃っているのではと思います。
フレグランスの中でも、ソリッドパフュームは持ち運びにも便利で見た目も可愛いですし、何種類かセットにしてプレゼントするなどというのも良いのではと思います。
ローズ、チェリーブロッサム、グリーンティーなどがネット通販では購入できるようです。
ロクシタンの店舗も良く見かけますが、実際に手に取って見るのも良いし、ネット通販も便利ですし、ホワイトデーのプレゼントの候補に是非入れてみたいブランドのひとつであると思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ヘルシーなケーキ
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーといえばバレンタインデーのお返しに女性にプレゼントを贈る日とされています。
女性といえば甘い物が好きな方も多く、ホワイトデーのお返しの定番もお菓子であると言えます。
しかし、ホワイトデーのお菓子に複雑な気分になる女性も中には意外に多くいるのかもしれません。
それは予想するにダイエット中の女性です。
ダイエット中といえど、頻繁にでなければ甘いケーキなども食べて問題は無いのですが、そうは分かっていても甘い物を一生懸命我慢している方なども居るかもしれません。
そんな場合ホワイトデーのお返しも本来は嬉しいはずで喜びたいはずでも、残念な物になってしまうかもしれません。
そうなると、ダイエット中と予想のつく相手には、お菓子類以外のプレゼントをすればいいかもしれませんが、少し視点を変えて今回は「ヘルシー」なお菓子に目をつけたいと思います。
ネットで検索するとネット通販も行っているお店も数多く出てきますが、その中でも京都に店舗があるというミッシェルというお店を見て行きたいと思います。
ミッシェルでは、甘味料を20%カットしてカロリーダウンしたケーキを制作しているようです。
はちみつアロエロール、チョコとバナナのタルト、宇治ざくら、モンブラン、ティラミス、ガトーフロマージュ、フルーツロール、苺とホワイトチョコのムース、プリン類、サゼッション、シューアラクレーム、シューオフリュイ、りんごのタルト、洋ナシのタルト、キッシュ、ガトー不リュイ、ショコラフリュイ、タルトフリュイ、シフォンフリュイ、ミッシェルマドレーヌ、フルーツパウンドケーキ、ポンポンネット、お菓子の詰め合わせ、サブレ類などが、通常の洋菓子より砂糖を抑え低カロリーで揃えられているようです。
「ダイエットケーキ」などというと、味気ないものも想像できますが、見た目も普通のケーキのように色鮮やかな物もありますし、砂糖の代わりにはちみつを使用するなどの工夫も見られるようで、味もシンプルで美味しいのではないでしょうか。
今回はミッシェルという洋菓子店を見てきましたが、その他にもヘルシーなケーキ類を販売する店は健康ブームの現代には多く見かけられるのではと思います。
特にヘルシーをうたっていないケーキでも、シフォンケーキはヘルシーなケーキの定番とも言えると思います。
クリームが控えめなロールケーキや、生クリームよりカスタードクリーム物を選ぶなど工夫は出来そうです。
砂糖の摂り過ぎは肌にも良くないと聞きますし、相手の事を考えてヘルシーなお菓子を贈るというのも良いホワイトデーになりそうだと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
女性に人気の音楽
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーやホワイトデーなど、出かける機会も多い時期には車で移動する場合など音楽が欠かせない物にもなってくるのではと思います。
またバレンタインデーやホワイトデーのプレゼントに音楽を贈るという事もあるかもしれません。
そこで今回は音楽に関するランキングをいくつか見て行きたいと思います。
まず、10代〜20代くらいと思われる女性に人気のラブソングのランキングですが、1位は純恋歌、2位は愛唄、3位は愛の歌、4位はLOVELOVELOVE、5位は浜崎あゆみの曲となっています。
そしてカラオケでの年間ランキングは、第1位が三日月で絢香、第2位が純恋歌、第3位がLoveAgain、第4位が桜、第5位が愛唄となっているそうです。
そして2006年のランキングなので少し前のものですが、ホワイトデーに男の子に歌ってほしい曲のランキングは、第1位が「抱きしめたい」Mr.Children、第2位が「君が好き」Mr.Children、第3位が「ただ・・・逢いたくて」EXILE、第4位が「らいおんハート」、第5位が「ILOVEYOU」尾崎豊、第6位が「バンザイ」ウルフルズ、第7位が「粉雪」レミオロメン、第8位が平井賢の「POPSTAR」、第9位がGLAYの「ずっと2人で・・・」第10位が「HERO」Mr.Childrenとなっているようです。
このランキングは少し古いものですが、共通しているのがどの曲もだいたいがストレートな愛情表現が歌われている場合が多い事なようです。
またひたむきさや真っ直ぐさも見られる曲も並んでいるようです。
今回は邦楽のランキングを見てきましたが、バレンタインデーやホワイトデーなど、相手の好みによっては洋楽を選んで見るのも雰囲気も出て良い事だと思います。
ホワイトデーなどのBGM、選曲も慎重に行きたいところなのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイト生チョコレシピ
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーのお菓子といえばチョコレートですが、チョコレートと言っても様々な種類があり、チョコレートを使用したお菓子なども沢山あると思います。
フォンダンショコラやガトーショコラ、ブラウニー、チョコチップクッキーなどがチョコレート菓子でよく聞く名前でしょうか。
一般的にこれらのお菓子はブラウンのチョコレートで作られるイメージですが、どのお菓子もホワイトチョコレートでアレンジして作っているレシピなども見かけることがあります。
ホワイトデーのお菓子というとクッキーや、マシュマロ、キャンディなどが定番かもしれませんが、ホワイトチョコレートというのも定番のうちのひとつともいえるそうです。
そこで今回は、バレンタインデーにも人気の生チョコ、これのホワイトチョコレートバージョンの簡単なレシピを見て行きたいと思います。
用意する材料は10個分でだいたい2人分だそうです。
板のホワイトチョコ70gと生クリーム30g、粉糖適量を用意します。
味にアクセントを加えたい場合、オレンジリキュールを5〜6g加えるのも良いそうです。
まずホワイトチョコを細かく刻み、弱い直火か湯銭にかけて溶かします。
そして生クリームを沸騰寸前まで加熱します。
続いて溶かしたチョコに熱いままの生クリームをそそぎ入れ、それをよく混ぜクリームのようななめらかさにまでします。
それをそのまま小さなバットに流し入れ、冷やし固めます。
冷やし固まってもやわらかい生地なためはがしにくいので、底にナイフなどを入れて上手にはがす必要があるそうです。
そして最後に2cm角に切り分け、粉糖をふりかけて完成です。
今回は生クリームとホワイトチョコレートのみの材料のレシピでしたが、他にもこれにバターをプラスしたレシピなどもあり、そちらのレシピでは少し違った味も楽しめそうです。
今回はバター無しの少しヘルシーな方のレシピを紹介しました。
バレンタインデーに手作りの生チョコをもらった方や、そうでない方でもホワイトデーのお菓子に生チョコを作ってみるというのも良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトチョコのお菓子
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーといえば、チョコを手作りする場合も多いのではと思います。
実際手作り用の製菓材料などもバレンタインデーの時期には多く出回っておりとても便利なのではとも言えます。
対して、ホワイトデー、そこまで「手作り」というイメージがお菓子などに無いのですが、昨年とは違う趣向でと考える方や、相手が喜びそうな場合などは手作りのお菓子を贈るというのもとても良いことなのではと思います。
また友達同士でチョコを交換したりした女性同士などでも手作りのホワイトデーのお菓子というのはお返しにぴったりなのではないでしょうか。
ホワイトチョコレートのケーキはホワイトデー向きのケーキです。
レシピでは紙のパウンド型で焼いてそのままプレゼント出来るようになっていますが、普通のパウンド型で焼いて切り分けてプレゼントしても良いし、アルミカップやミニケーキ用のカップなどで焼いた場合もそのままプレゼントできそうです。
材料は、9cm×4cmのパウンド型3個分ですが、ホワイトチョコ70g、バター25g、全卵40g、砂糖20g、小麦粉30gを用意します。
まずホワイトチョコを、弱い直火にかけるか湯煎で溶かします。
そして室温にしたバターに、砂糖と全卵を少しずつ加えてすり混ぜます。
続いてバターの記事にホワイトチョコを混ぜ込みます。
最後に先ほどの生地に小麦粉を混ぜ合わせ生地全体を均一にします。
そして型に流し、予熱しておいたオーブン180℃で焼き色が付くまで焼きます。
型の種類によりますが約20分程度かかります。
表面が焦げてきた場合はアルミホイルをかぶせて焼くと良いそうです。
普通のパウンドケーキにホワイトチョコを混ぜるだけで、とてもホワイトデーらしいお菓子になるようです。
味もホワイトチョコの風味が出て女性向けの甘さにもなるのではと思います。
ホワイトデーに手作りを考えている方はホワイトチョコを使用したレシピを調べてみるのもよいかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
アクセサリー
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのお返し、お菓子が定番のプレゼントとして思い浮かびそうですが、本命の相手などにはお菓子にプラスαしてプレゼントを贈る場合も多いのではと思います。
そんなプレゼントの中でも人気なのがやはりアクセサリーだそうですが、最近よく耳にするアクセサリーブランドと言えば、ete、スタージュエリー、e.m、アガタ、Kiss、ノジェス、ケネス・ジェイ・レーンなどがあります。
中でもKissは男女ペアで身に付けられるアクセサリーを数多く揃えており、ホワイトデーのお返しなどにピッタリなブランドなのではと思います。
価格はリングで7000円代〜となっているようです。
ホワイトデーからは少し離れますが誕生石からもリングなどが選べるようです。
ノジェスは株式会社サザビーリーグのブランドで、ノジェスドットネットというサイトもあり商品をゆっくり見るのにも適していると思います。
リングの価格が15000円前後となっているようです。
若い女性向けのブランドなのではと思います。
アクセサリーの他にもファッション小物などもあるようです。
eteもサイトで商品をゆっくり見ることができます。
リングは1万円前後の価格なようです。
こちらもノジェスと同じく可愛らしいデザインや色のアクセサリーが特徴のブランドと言えそうです。
eteからもペアコレクションが出ておりこちらもホワイトデーのプレゼントにも最適なのではと思います。
アクセサリーブランドと言ってもとても沢山ありますが、贈る相手の好みなども知っておいてより喜んでもらえるアクセサリーが選べれば良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
香水豆知識
----------------------------------------------------------------------------------
香水というと人それぞれ好みの香りもあり、香水を好む人も好まない人もいるかと思いますが、プレゼントなどには最適な物であるとも言えると思います。
香水には4つの種類があり、濃度と香りの持続時間順に、パルファンが7時間程度、オーデパルファンが5時間程度、オーデトワレが3時間程度、オーデコロンが1時間程度香りが持続するそうです。
そして香水は身に付けてから時間が経つと共に香りが変化するものなのだそうです。
香水を構成する色々な原料が香りの強い順に空気に溶け込んでいく為香りの変化がおきます。
トップノートは付け始めて1〜10分程度で香水の第一印象を決定する香りを指します。
そしてミドルノートは10分〜2時間程度の持ち味と言える香りとされます。
そしてラストノートは2時間〜6時間程度の頃の香りで、ひとつの香水をとってもその特徴を使いこなすには何度も使ってみる事が大切なようです。
香水は保存状態にもよりますが、できるだけアルコールが抜ける前の1年以内に使用する事が大切だそうです。
冷暗所または冷蔵庫などに保管するのが良いようです。
また顔の口の周りや、パールや毛皮、シルク、なめし皮などには香水が付かないように注意します。
TPOやその時の心情、朝、昼、晩で香りを変えたいなど色々なシーンで香水を楽しむ事が出来ますが、時と場合によっては香水を付けないという事も大切なマナーとなります。
香水は使い切れない場合なども多く出てくるものでもあると思いますが、そういう時は、リネンウォーターのかわりに洗濯、アイロンの際に、エッセンシャルオイルがわりにアロマポット、香り袋のかわりに布に香りをつけたり、香水を手紙に香り付けしたり、お風呂に香水を1滴たらしてリラックス効果を演出したりといろいろな使い方が出来るようです。
ホワイトデーなど女性に香水をプレゼントしたい場合最近では男性用香水を女性が使ったり、その逆などもよくあるそうなので、男性用香水からプレゼントを選んでみるのも良いかもしれません。
ホワイトデーなど大切な日には香水選びも慎重に行きたいものかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
香水
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのプレゼント、毎年どの様なものが人気なのでしょうか。
ランキングなどを見るとアクセサリー、お菓子などが上位に入っているようですが、香水などというのもホワイトデーに適したプレゼントなのではと思います。
そこで今回は、香水について少し紹介したいと思います。
まず有名な香水というと、ブルガリから「ブルー」「ブループールオム」「プールファム」「プールオム」、シャネルから「アリュールオム」「アリュール」「エゴイスト」「エゴイストプラチナム」「チャンス」「ココ」「ココマドモワゼル」、エルメスから「テールドゥエルメス」「ヴァンキャルトルフォーブル」、クリスチャンディオールから「デューンプールオム」、エリザベスアーディン「グリーンティー」、フェラガモ「プールファム」「プールオム」「サブティール」「サブティールプールオム」、カルバンクライン「エタニティー」「トゥルース」、ランコム「ミラク」「ミラクオム」、エスティローダー「プレジャーズ」「ビューティフル」、イヴサンローラン「インラブアゲイン」、エスカーダ「イントゥーザブルー」、アランドロン「サムライウーマン」「ショーグン」、ラルフローレン「ロマンス」「ロマンスシルバー」、クリニーク「ハッピーハート」「ハッピー」、ジバンシー「ウルトラマリン」「パイ」「パイフレッシュ」、ベルサーチ「エセリアルエッセンス」アラミス「タスカニーペルウォモ」、アザロ「クローム」「ビジット」、ケンゾー「ローパケンゾー」、ゲラン「ランスタン・ド・ゲラン」、グッチ「プールオム」ランバン「オム」、フェラーリ「レッド」「ライトエッセンス」などがあります。
香水はその香りはもちろん、名前にもボトルの形などにもコンセプトがあり、ホワイトデーや贈る相手にぴったりの香水などを選んでみるのも良いことだと思います。
また、お店によっては香水のボトルに名前、メッセージなどを刻んでくれるサービスを行ったりしているようですので、特別な日のプレゼントなどにはとても良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
限定有名菓子
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーのお菓子といえば、マシュマロ、クッキー、キャンディ、パイ、ホワイトチョコなど色々ですが、ホワイトデー限定のお菓子というのも色々なお店から出ているそうです。
ホワイトデーのプレゼントに相手が喜びそうな限定お菓子をいくつか紹介したいと思います。
まずパウンドケーキや焼き菓子に定評のあるフランス菓子のオーボンヴュータンやホワイトデー限定クッキーなどもあるマキシム・ド・パリ、鎌倉にのみ店舗のあるレ・ザンジュはお菓子のお取り寄せなどもできます。
そしてレーズンサンドで有名なレストラン代官山小川軒、焼き菓子の贈り物が人気のシーキューブ、引き菓子やプレゼント用のお菓子の充実した、焼き菓子が中心のアンリ・シャルパンティエ、マシュマロ、焼き菓子の揃うボンサンク、シェ松尾は焼き菓子が有名です。
ノリエットはフランス菓子のお店で、コンフィチュール・エ・プロヴァンスは銀座のお店で、ダックワーズが有名です。
資生堂パーラーはクッキー、ビスキュイや焼き菓子などが揃えられています、五感は関西限定の、素材や旬にこだわったお菓子のお取り寄せも可能なお店です。
ビゴの店は神戸発のフランスパン店で、マカロンなども焼かれています。
そしてピエールエルメは青山のマカロンで有名なお店です。
有名なお菓子屋さんのお菓子なら、たいていの女性は喜んでくれるのではないでしょうか。
店舗に実際に選びに行くのも良いし、ネット通販などをしている店も多いと思いますし、1度ホワイトデーの際に色々と調べてみるのも良いのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ご褒美チョコ
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーといえばバレンタインデーが無くては始まらない日とも言えますが、バレンタインデーもホワイトデーが付き物な日なのでしょうか。
バレンタインデーの返事がもらえないという残念な場合はもちろんホワイトデーもあまり意味の無い日にもなると思うのですが、その他にもバレンタインデーで完結してしまう習慣が最近では定番の習慣の様になっているそうです。
その習慣は「ご褒美チョコ」なのですが、これは元々女性から男性へチョコレートを贈る日であるバレンタインデーに、女性が自分自身のご褒美にチョコレートを買う習慣の事を指すそうです。
特にデパートの地下の食品売り場などでは、バレンタインの時期になると、色々なサイズ、色々な種類のチョコレートでいっぱいになります。
よく目にする国内メーカーのチョコも限定版や、綺麗にラッピングされた物や、外国製のお洒落なチョコや、ホテルや有名菓子店のチョコなどが並びます。
この豊富なチョコレートを人に贈るだけではもったいないと思ったのが始まりなのかどうなのか、見た目も、味も良いチョコレートを自分の物にもしたいと思う女性が多かった事からご褒美チョコが定番となってきたようです。
この
ご褒美チョコは、本命や義理チョコよりも高級な物であるという事がほとんどだそうで、女性の強さ?の様なものが見えている気もします。
また自分でご褒美チョコを作る人もいて、そんな時間は癒しの時間でもあるといえそうです。
そしてご褒美チョコにヘアサロンやエステなどがプラスされたサービスも多く見られるようで、これもまた癒しの時間になると思います。
色々なサービスなどからも分かるように、「ご褒美チョコ」は今後成長の期待されるバレンタインデーの商品な事も分かります。
この女性が自分のために「ご褒美チョコ」を買う習慣は良い事だと思うのですが、今後男性が自分のために「ご褒美チョコ」を買う時代も訪れるのでしょうか。
そうなると、バレンタインデーの習慣やホワイトデーの習慣も少しずつ変化もしてきそうだなと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
ピエール・エルメ・パリ
----------------------------------------------------------------------------------
バレンタインデーにチョコをもらった人がそのお返しをする日がホワイトデーですが、ホワイトデーといってもプレゼント選びがなかなか難しい場合もあるかもしれません。
ホワイトデーのお返しの定番と言えばお菓子類だそうですが、それにプラスαしてのプレゼントも特に本命の相手などにたいしては良さそうですが、やはり定番はお菓子類だと思います。
そこでそのお菓子類の中でひとつお勧めを紹介したいと思います。
ホワイトデーの代表的なお菓子といえば、クッキー、マシュマロ、ホワイトチョコレートなどですが、少し趣向をこらしてマカロンなどというのも良いのではと思います。
女性の間ですごく流行ったのは少し前かもしれませんが、今でも女性には人気のお菓子なのではと思います。
女性向けである理由としては、そのカラフルで可愛らしい見た目と、主原料がメレンゲという事からとてもヘルシーなお菓子とも言える事などがあると思います。
そしてそのマカロンで有名なお店が「ピエール・エルメ・パリ」で、本場フランス、パリのマカロンが種類も豊富に揃うようです。
シトロン、ピスターシュ、カラメル、ショコラ、マロン、ローズ、アラベスク、ユイルド・オリーブ・エ・ヴァニーユ、モカドールなど色とりどりのマカロンが揃えられているようです。
マカロンの他にも焼き菓子やシャーベットなども制作されているようです。
本店は東京だそうですが、ネットショップなども利用できるようです。
少し可愛らしいプレゼントとしてホワイトデーのお菓子も見た目も可愛いマカロンを贈るのも良いかもしれません。
----------------------------------------------------------------------------------
ステラおばさんのクッキー
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーの贈り物として人気もあり、実際に女性にも喜ばれるのではと思うお菓子の代表にクッキーがあります。
現在は色々な場所でクッキーなどの焼き菓子が手に入りますが、クッキーやケーキの販売やまたクッキーの量り売りでも有名なのが「ステラおばさんのクッキー」です。
このお店のレシピを考案したステラおばさんとは1908年生まれの実在した人物だそうです。
アメリカ合衆国のペンシルバニア・ダッチカントリーで幼稚園をしていた彼女をみんなが親しみを込めてステラおばさんと呼んでいたそうです。
ステラおばさんは厳しく子どもをしつけ、時々子ども達のお尻を叩いたりしましたが、その叩いた数と同じだけ、子どもたちのためにクッキーやケーキを焼くという先生でした。
このステラおばさんととても仲の良かったジョセフという少年が、日本にステラおばさんのお菓子を紹介しようとしたのが「ステラおばさんのクッキー」の始まりでしたが、紹介しようとしたきっかけはジョセフが少年時代にステラおばさんから語り聞いていたアーミッシュの精神と同じ様な精神が日本にも沢山あることに気がついたためだと言われています。
アーミッシュとはペンシルバニア・ダッチカントリーで暮らす聖書の考え方に忠実に従って生きている人々の事を指すそうです。
「ステラおばさんの」クッキーは全38種類と季節限定商品が用意されており、クッキーの他にもパウンドケーキ、その他のケーキなどが用意されているそうです。
ホワイトデーの定番のクッキーには、ミルクシュガー、チョコチップ、ブラウニー、マカダミアンナッツ、シナモンアーモンド、キャラウェイ、ライスクリスピー、レモンクッキー、せん茶クッキー、セサミボール、ジンジャー、バナナクッキーラムレーズンオートミール、大豆、トマト、ココナッツ、きな粉ボールなど多彩な種類が揃っているようです。
相手の好みだけをチョイスしてクッキーを買う事もできるようですし、綺麗にラッピングされた商品も用意されているようです。
ホワイトデーのお菓子に是非利用してみたい店なのではと思います。
----------------------------------------------------------------------------------
輸入雑貨
----------------------------------------------------------------------------------
ホワイトデーの季節になるとバレンタインデーのお返しのプレゼント選びに迷ったりしたりする事もあると思います。
プレゼントを贈る相手は女性の場合がほとんどだと思いますので、女性の好みそうな物を選ぶのもなかなか難しいかもしれません。
そこで今回は、普段女性のお客さんでいつも賑わっている輸入雑貨店を紹介したいと思います。
男性でも雑貨好きの方やそうでない方でもご存知かもしれませんが、ソニープラザという全国展開しているショップがあります。
店舗は広いところから、狭いところまでやはり色々ですが、キャラクターグッヅはもちろん、化粧品や健康食品、カジュアルめなファッション、日用品、輸入食品、ベイビー・キッズ用品、文房具、とにかく色々な雑貨類が可愛いお洒落な雰囲気で揃いますので女性にプレゼントをする場合などにとても便利なお店だと思います。
ラッピングからカードまで可愛いものが揃うのではと思います。
オンライン通販も商品数もある程度揃えられており、家でゆっくりと買い物したい場合にも便利だと思います。
キャラクターグッツとしては、バーバパパ、スージー・ズー、エルマー、エドエンバリー、アラン・グレ、ケアベア、ペッツ、ムーミン、マドレーヌ、リサ&ガスパール、ペネロペタンテール、クルテク、ザ・スノーマン、メイシー、キュリアスジョージ、クリフォード、きかんしゃトーマスと仲間たち、マウス、ビーニー、その他のキャラクターが揃います。
一見してカラフルでポップなキャラクターグッズのお店という感じですが、シンプルな物も揃えられているので、幅広い年齢層の人に受け入れられる商品が見つかるのではと思います。
ほとんどのお客さんが女性の様に思えますが、それだからこそホワイトデーのお返し選びなどにぴったりなお店なのではと思います。
是非ホワイトデーのプレゼントの参考にしてみて欲しいです。
----------------------------------------------------------------------------------
オレンジデー
----------------------------------------------------------------------------------
4月14日といえば何の日かご存知でしょうか。
2月14日はバレンタインデー、3月14日はホワイトデーとして有名ですが4月14日も恋愛の記念日としても登録され提案されているそうです。
ホワイトデーが白い色を連想させるせいか、4月14日は「オレンジデー」とされているそうです。
この日は1994年に愛媛県の柑橘類生産農家が、民間任意団体である日本記念日協会に登録して提案もしている記念日とされています。
オレンジは欧米で多産のシンボルとされているようで、新婚の夫婦などにプレゼントされる習慣もあるそうです。
そこでこれに注目した様々な企業、団体がバレンタインデー、ホワイトデーに続き恋愛を確かなものにする日として、「オレンジやオレンジ色の贈り物を持って相手を訪ねる日」としてキャンペーンなどを行っているようです。
2006年には東京ディズニーランドがオレンジデーキャンペーンを実施しはしたそうですが、バレンタインデー、ホワイトデーほどはポピュラーになっていない日なようです。
また4月14日は1998年に佐賀県佐賀市が、男女が共に参画できる社会を目標とするパートナーデーに制定した日でもあるそうです。
今回は4月14日の行事について紹介しましたが、まずはバレンタインデー、ホワイトデーですので4月14日のパートナーデーやオレンジデーも頭のすみに置いておくとほんの豆知識くらいにはなるのではと思います。
しかし恋愛の記念日も増えすぎるとありがたみも無くなり、出費も増えそうかもしれないとも思います。

Copyright © 2008 ホワイトデーのプレゼントは何を贈る